このプランの契約解除料は無料

ガールズバー GIRL'S BAR ってどんなところ? 東京 池袋の【Honey Flash ハニーフラッシュ】

グルメ
GIRL'S BAR ガールズバー

ガールズバー (GIRL'S BAR) について説明しよう!

ガールズバーでは、一般的にはバーテンダーが全員女性で、年齢はたいて18~20代である。

男性のバーテンダーやウェイターが1、2人いるバーもあるが、男性客に対しては通常、女性バーテンダーが対応する。(酒やつまみを作って提供する)

男性客がほとんどだが、女性客もときどき見かける。

カールズバーのはっきりとした定義はないが、多くの店や客が共通して認識している事柄について話そうと思う。

ガールズバーは、飲食だけでなく、会話やコスチュームを見て楽しむところ。

  • 女性バーテンダー

  • 飲食店に分類され、夕方以降に営業されることが多い。

  • 客はカウンターに座り、酒を飲む目的のバー(ショットバー、パブ)である。つまみ類はあるが、食事類は全くないか、簡単なものしかないバーが多い。

  • カウンターだけでなく、テーブル席のある店もある。

  • 飲み放題の店が多いが、単品注文の店もある。
    飲み放題は自動延長の店が多いので、事前に料金システムを確認すること。

  • 念のために言っておくが、ガールズバーは風俗(裸を見せるなど性的なサービスをする店)ではない。
    かわいらしい(制服やコスチュームの)店員さんがいるだけで、いたって健全な飲み屋であるので勘違いしてはいけない。

ちなみに、ガールズバーは和製英語なので、外国人にはたいてい通じない。英訳するとき、Girl'sなら「女性が所有しているバー」という意味になるし、Girlsなら「女性たちのバー」になる。

ガールズバー (GIRL'S BAR) と通常のバーとの違い

  • カウンター越しに、女性バーテンダーと長時間じゃべることができる。

    つまり、ガールズバーは、飲み物と、事実上会話のサービスを提供している。 テーブル席であれば、近くに立って話してくれる店もある。

    ただし、客の隣に座ったり、お酌したりするような接客ではない。あくまで、バーテンダーやウェイトレスとして飲み物等を運んできたついでに、お客さんが話したければ、しばらく話しに付き合ってくれるという体裁である。

    また、常時会話してくれるとは限らず、バーテンダーや客の人数によって話せる時間が短くなるのはあきらめよう。

  • 20分ぐらいの間隔で、会話してくれるバーテンダーが店の都合で入れ替わる。

  • バーテンダーは、それぞれの店のコンセプトに合わせて、制服やコスチュームを着ていることが多い。
    アニメ、着物、メイド、看護師、ミニスカート、水着、学校の制服など

  • しばらくしたら、女性バーテンダーが自分たち用の飲み物をおごってほしいと催促してくることが多い。言わない場合もある。

    それを承諾すれば、料金は客の会計に追加される。これがバーテンダーのインセンティブ(歩合の給料)になる店が多い。

  • バーテンダーにあげる飲み物は、マナーでも強制(規則)でもないので、正々堂々と断って大丈夫。
    でも、かわいい人が欲しいとい言うと、なかなか断れないのが男というものだ。

  • 断ると「クソ客!」って思われているかもしれない。
    でも、対応が悪いときや、会話のサービスをちゃんと頑張ってくれなければ、私は気にせず断っている。

    (断り文句は、その状況次第でいろいろだが)
    初めての店であれば、「今日は初めて来て、様子見してすぐ帰るので、今回は止めとくよ…」とか言って、私は断ることもある。


    ろくに会話もせず、すぐに「一緒に飲みたいな~💗」などと言う人には要注意。たいしてコミュニケーションする気はないから。
    あと、飲み物をあげて数分後にバーテンダーを入れ替えてくるなら、その店自体がダメ。

  • 好みのバーテンダーであれば、催促される前によろこんで注文してあげることをお勧めする。その方がお互い幸せな気分で会話を楽しめるからだ。

    バーテンダーに飲み物や食べ物を注文してあげたり、(有料の指名制度があって)指名したりすると、他の客よりもより長時間会話できるように調整してくれることが多い。

    そうしても、時間を少し長くしてくれるだけで、状況次第で入れ替わりは発生する。
GIRL'S BAR ガールズバー

まめ知識

  • 店によって料金システムはいろいろ。特に事前に確認すべきなのは以下の3つが別々なのか、込みなのか!

    カバーチャージ(お通し、席代)・サービス料金消費税

    明瞭会計の店では、これら全部込みで設定してある。例えば、全部込みで15%や20%など。

    私の経験上であるが、

    カバーチャージは1人300~500円(つまみが付く場合あり)

    サービス料金は10~15%

    消費税はもちろん共通の10%

  • クレジットカード手数料
    一般的に(普通の飲食店やスーパーなどでは)クレジットカードで支払っても利用者には手数料がかからない。

    しかし、ガールズバーに限らず、一部の店では、手数料を取る。なかには10%取る所もあるので、ショーのある店、バー、スナックやクラブ等では事前確認すべきである。

    現金を持参しよう!

  • ガールズバーは、おさわり厳禁!

  • バーテンダーの連絡先(Twitter, LINEなど)を聞いていいかどうかは、店の決まり次第。禁止している店もあるし、店やバーテンダー個人によっては集客目的で一般公開していることもある。

  • 余談だが、別に隣の客どうしでしゃべってもいい。フレンドリーな常連さんや、同じ趣味の仲間と話すのも、それはそれでいいと思う。(でも、ガールズと話す目的でみんな来ているので、客どうしで長話にならないように気をつかう必要はあると思う。)
GIRL'S BAR ガールズバー

お気に入りのガールズバー

東京 池袋に数店舗あるガールズバー
比較的、お手頃価格で、何度か行ってみて不満に感じたことはない。

Honey Flash ハニーフラッシュ

消費税8%の時に行ったので、2019年10月に10%になってからの価格情報は未確認。

以下の内容は、現在では変更されているかもしれない。

料金システム

  • 飲み放題:40分毎に2000円(税など込みこみで2200円)で自動延長
    ビール、焼酎など数種類


    自分で時間を管理して、延長前に会計を申告すること。

  • 飲み放題メニュー以外のアルコール類は単品注文できる。600円から

    バーテンダーへの飲み物は600円

  • カラオケ無料

営業時間
19:00~
年中無休

ウェブサイト

ガールズバー|ハニーフラッシュ(Honey Flash)

Honey Flashは池袋にいくつもの店舗があるがが、ここに限っては同じビルの地下と1階に2か所ある。(それぞれ別の店舗)

地下1階:ビキニトップと短パン
1階:かわいらしい系コスチュームなど

※このブログの写真はHoney Flashで撮影されたものではない。


コメント