【The Moneytizer マネタイザー】広告設定と運用の注意点・評判・クチコミ

ニュース

Google AdSenseを利用していたウェブサイトをThe Moneytizerに一定期間変えたときの備忘録。私自身の口コミ、メリット、デメリットなど。

収益

以下の3パターンでしばらく運用してみた。

  • Google AdSenseのみ
  • The Moneytizerのみ
  • Google AdSenseとThe Moneytizerの混在
    上記3パターンとも一部のページではアフィリエイト広告あり

結果

Google AdSenseのみからThe Moneytizerのみに変えて、1か月間で判断すると、収益は13%に落ちた

広告の貼り方は、

Google AdSenseは自動広告(すべてのチューニングがONで広告数は最大)

The Moneytizerは、WordPressのプラグインを使用。Autoにできる広告はPOP以外ONで、手動の広告はプラグイン(ウィジェット)を使用。

両方を混在させるパターンで検証中。

Auto広告のPOPは使わない方が良い

Advertising formatsのPOPは、全画面表示の広告を自動で表示してくれる。その広告が詐欺サイトと勘違いされる内容なので、(あるいは、本当に詐欺サイトかもしれないが、調査はしていない。)使わない方が良いだろう。わかりやすく言うと、私が受ける印象としては、迷惑広告である。

広告主を簡単に選ぶ機能がない

Google AdSenseでは表示する広告主を簡単に除外できる。

ブランド保護 → コンテンツ → 広告レビューセンター

で表示したくないものを選ぶことができるが、The Moneytizerはこの機能がない。ただしFAQによると、個別に相談すると除外できると思われる。

自分のウェブのコンテンツにとって、表示してくない広告を除外できない(しにくい)のがデメリット。

広告内容にこだわりのない場合は気にならないと思う。

FOOTER or SLIDE-INを閉じることができない場合がある

ウェブサイトのフッター(末尾、画面の底辺)に自動で横長の広告を表示するもの。ユーザの端末によっては、これの閉じる(表示を消す)ボタンが押せない不具合がある。

弊害として、この広告の裏(画面の底辺)に元々ある、テーマの各種ボタンが押せない。

ただし、The Moneytizerに原因があるかどうかの切り分けはできていない。

ASUS ZenFone 2 ZE551ML Android 6 Chrome 106.0.5249.126での不具合。古くてこれ以上バージョンアップ不可。

より新しい環境(別のスマホやPCなど)のいくつかで確認したが、それらでは再現していない。恐らく古い環境とFOOTER or SLIDE-INとの組み合わせで起こる場合があるのだろう。

同じAdvertising Format (Unit)を複数、同一ページに貼ってはいけない

The Moneytizerの広告フォーマット(Unitともいう)には、それぞれIDがある。1つのページに貼れるフォーマットは1つという制限がある。

長方形タイプ、バナータイプなど、繰り返しいくつもページ内に表示したいことがあると思うが、それができないのが不便。

対策として、以下の2種類は、フォーマット(ID)を変えてくれているので同じ大きさのものを2回使える。
“Rectangle” と “Megabanner”
“Bottom Medium Rectangle” と “Megabanner bottom”

紹介クーポンで5ドルもらえる

新規登録は以下のリンクを使ってください、あなたのサイトが承認されると、あなたは5ドルもらえます。

The Moneytizer is a online advertising network that makes it easy to monetize your website.
The Moneytizer is an advertising platform that allows websites to optimize their advertising revenues. The technology developed by The Moneytizer teams creates ...

または、新規登録のときに、私のコードを入力していただければと思います。

753881a600cb16c588a6af5119c42df3

管理画面やヘルプなどの日本語化が一部のみ

英語が平気な人は気にならないと思うが、まだまだ日本語対応ができていない。

日本人の担当者もいるが、運用の基本は英語だと思った方がよい。

私の場合、入会依頼(営業の連絡)が日本語であったので、いくつかの質疑応答は日本語でしてもらった。

サービス内容の詳細については、サポート(email)宛ての方が技術的な担当者につながると思って、英語で何度がやり取りした。翌営業日ぐらいの返信で、回答も論理的で親切なので良かった。

ネット上でも、マネタイザーについての日本語の情報がまだまだ少ない。

メリット

Google AdSenseとは異なる個性的な表示方法で、広告が表示されるのが良い点。

一通りのFormat (Unit)を一度はサイトに貼ってみることをお勧めする。特に動画表示のフォーマットは視線が行くので良いと思う。

まとめ・考察

私の環境と、簡易的な広告の貼り方しかしなければ、The Moneytizerは、Google AdSenseよりも収益面では劣る。

あとは、広告を混在させて、収益が上がるかどうかである。未検証。

混在することで、サイトが重くなったり、SEO上の弊害があるかどうかも懸念される。

広告

コメント